公益財団法人 シルバーリハビリテーション協会
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
検索
TEL.0178-51-2000

研究

患者様、ご利用者が常に最善の予防、医療、介護などを享受できるよう、研究・研鑽に励んでおります。

主な内容

1.論文発表、学会発表

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフや看護師、臨床工学技士、介護福祉士など様々な職種が積極的に学会発表、論文発表を行っております。

R2年度 研究発表

本年度も様々な学会へ研究成果を発表し、その成果を臨床につなげています。

研究発表実績一覧(PDF)

2.「SGグループ研究発表大会」の開催

平成14年から当法人が主催する研究大会を開催しております。
本大会は、医療・福祉・保健にかかわる専門的な技術、知識の向上を図り、地域社会の人々の幸せに貢献することを目的として開催しております。

研究テーマはADL、認知症、リハビリテーション、疾病予防など他分野にわたり、演題は、公益財団法人シルバーリハビリテーション協会を中心とし、外部法人の方からの基調講演を含め、現在までで約450題程が発表されています。
(平成29年12月現在)。
地域の医療、介護の向上に寄与するべく八戸市近隣市町村の医療・介護事業者へ広くご案内し、参加いただいております。

SGグループ研究発表大会
SGグループ研究発表大会
SGグループ研究発表大会

これまでの活動

  • 第19回 SGグループ研究発表大会開催

    テーマは「医療が守る未来~支え繋ぐ思い~」