講演・研修会

    当財団では、医療介護従事者の方へ専門知識の向上などを目的とした講演会、研修会を定期的に開催しております。講演会は、
    各専門分野の講師をお招きし、広く公開することで地域医療福祉の充実に貢献できるよう努めております。
    また、住民の方の健康増進や疾病予防、介護予防などを目的とし、エビデンスに基づいた最新情報をわかりやすくお届けできる
    よう、一般の方に向けた講演会活動も行っております。
 

講演会開催 報告

   SR会 医療講演会を開催しました。

 今や国民病ともいわれるロコモーティブシンドローム。その対策について平成29年3月8日に医療講演会を開催しました。

今回は「転倒予防対策 ロコモーティブシンドロームの真実」と題して医療講演会を開催いたしました。ロコモーティブシンドロームとは、加齢や運動不足などにより、骨や関節など運動器に機能障害が起こり、歩行・バランス能力・移動能力の低下をきたし、寝たきりや介護が必要となる危険性の高い状態のことです。

講師には新潟県新発田市にあります医療法人社団M&Bコラボレーション、二王子温泉クリニック院長の古賀良生先生をお迎えしました。「歩行の歩幅が狭くなる。躓きやすくなるなど、あてはまることはないでしょうか?」古賀先生は、まず、簡単なロコモチェックの内容を紹介。その後、ロコモの対策には運動療法が有効で非常に重要であることを一貫してお話されていました。

 
  参加者は一般の方を含めて約150人となり、ロコモ予防の関心の高さがうかがえました。

今後も皆様の予防、健康増進に役立つ情報を提供して参ります。

これまでの講演会・講習会