奨学金制度

当法人では、医療福祉従事者の育成を目的として経済的又はその他の事情により、学業資金に不安をお持ちの方々へ、奨学金の貸与制度がございます。

 【貸与額】
  月額50,000円~120,000円の間で希望する額 (10,000円単位で増額可)
 
  ※看護学・理学療法学・作業療法学分野の大学院に在学の者は法人代表者の決めた額
  ※2年課程(通信制)の看護師養成所、または介護福祉士養成所に在学の者は月額50,000円
【貸与条件】
 下記の学校に在学し、資格を取得することを希望する
方で、学校長の推薦を受けた方。
看護師養成所
理学療法士・作業療法士養成施設         
看護・理学療法・作業療法 分野の大学院
法人代表者の認めた介護福祉士養成施設  

 その他、医療・福祉学部の大学・専修学校についてはお問い合わせください。

 【返還について】
  ・対象資格を取得し、当法人の施設に就業した方は、貸与金額に応じた期間継続して就業すれば奨学金の返還を免除します
  ・当法人の施設を退職する者で、貸与残額のある者は一括返済していただきます
  ・当法人の施設に就業しない方は、全額奨学金を一括返済していただきます
  ・資格を取得できない方は、奨学金全額の一括返済を1年間猶予します

※当法人関連施設への就業による免除額
【免除就業月数 = 貸与総額 ÷ 50,000円】

例)

月貸与金額
免除期間
50,000円/月
3年
120,000円/月
7年3ヶ月

 

【その他注意事項】

 

 ● 報告義務について
  ・成績証明書を毎学年度末において当法人へ提出
  ・休学、復学、退学、停学のとき
  ・本人又は連帯保証人の住所、氏名その他重要な事項に変更があったとき

 ● 貸与の休止について
  ・休学したとき(復学するまで)
  ・留年したとき(1年間)

 ● 貸与の中止について

 以下の際は全額一括返済していただきます。
  ・停学処分を受けたとき
  ・退学したとき
  ・2回目の留年をしたとき
  ・心身の障害のため、卒業する見込みがないと学校長が認めたとき

  ・辞退を希望したとき